リロケーションとは?

リロケーションという言葉を聞いたことはありますか?英語の「relocation(移転・配置転換)」という言葉が元になっているサービスです。
不動産業界では転勤などで一時的に留守宅になる物件を、一定期間賃貸する業務のことを意味しています。
リロケーション物件を専門に扱う会社も増え、市場は少しずつ拡大してきました。
リロケーションは新しい賃貸の形のひとつです。
なぜ最近リロケーション物件が増えてきたのでしょうか?

以前は留守宅が賃貸市場に出回ることは、ほとんどありませんでした。
その理由は一定期間が経った時に家を明け渡してもらえるとは限らなかったからです。
借家制度の問題で、契約期間が切れても更新したいといわれたら貸主側は「正当な理由がないと契約更新を拒否できない」と決められていたので、貸したら返してもらえないかもしれないという懸念から、積極的に貸し出せなかったのです。
しかし2000年に借地借家法に導入された「定期借家権」により、一定期間だけ物件を貸し出すことが可能になりました。
今までは家を貸すことにためらい空き家として眠っていた物件も貸し出しやすくなり、市場の拡大に繋がっています。

それではリロケーションにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
貸主側にも借りる側、それぞれの視点からのメリットやデメリットをみていきましょう。
これからリロケーションを考えている、リロケーションの物件を探しているという人は、ぜひ参考にしてみてください。



○管理人推奨サイト
家を貸す →→→ 転勤などで一時的に留守宅になる家を貸すリロケーションを行っている不動産管理会社です。